悩みのおならの発生源

おなかを気にする女性のイラスト

仕事中や学生ならば授業中など人と接するタイミングで、おならに悩まされることは、多くの人に覚えがあることだと思います。おならはごく自然な生理現象であり、もよおすことを止めることなど出来ません。

便が「出ない」便秘に悩む方以上に、「出てしまう」おならに悩まれる方の方が多いというデータもあるようです。

では、悩みのおならの元になるものは何でしょうか。おならの元になるのもは、食事などと一緒に口から体内に取り込んだ空気、食べ物の消化・分解によって発生するもの、血液から出るガスなどが挙げられますが、その殆どが口から取り込んだ空気と、消化・分解によって出来るものです。

おならが出ること自体構いませんが、多くの方が気になる臭いに関しては、食べ物の消化・分解によって発生する臭い分子の影響になります。実際、臭いさえなければ、悩むことも少ないのでしょうが・・・。

生活習慣の見直しで、おならの元となるガスが溜まりにくい状況になるよう、心掛けることから始めるのが良いと思います。おならで悩んでいる多くの方の腸内は、生活習慣によって悪玉菌が多く発生してしまうような状況であるのかもしれません。

大腸におならの元となるガスを溜め込んでしまう主な原因に、早食い・肉好き・運動不足の3点が挙げられます。早食いによって、食べ物と一緒に多くの空気を飲みこんでしまうので、この空気がガスとして腸内に溜まってしますのです。

また、肉好きの方には嫌な情報ですが、肉類のたんぱく質が分解されるとアンモニアやインドール、すかトールといった臭いの元となる物質が大腸内で発生しやすくなります。特に肉のたんぱく質が腐敗して発生したインドールは、とても臭いもので、当然おならも臭くなってしまうのです。

更に、運動不足な方は筋力が低下しますが、特に腹筋が弱まるとお腹に溜まったガスを押し出す力も弱くなり、大腸も下がり気味になることで更にガスが溜まりやすい状況になってしまうのです。

早食い・肉好き・運動不足を解消することで、おならの量や臭いが軽減されることに繋がるのです。

■おならを我慢するのは、本当は良くないこと

繰り返すようですが、おならはごく自然な生理現象であって、誰でもでてしまうものだということは当然なことです。嫌なのは、やはりおならの臭いだと思います。臭いさえなえれば、我慢することなく出してしまえるのに・・・と思うことも出来るのではないでしょうか。

強烈な臭いがあるからこそ、人前ではおならを我慢することに繋がる訳です。その意味では、おならを我慢することは日常的にあるとは言え、体への悪影響もあることも認識しておく必要があると思います。

おならを我慢を続けると口臭・体臭が臭くなるということです。おならは当然臭いガスで、それを体外に排出されなかったら体内に吸収されることになります。体内に吸収されたガスは、出口を求めて、口や皮膚から出て行くしかなくなり、臭い口臭や臭い体臭となって表れてしまうことに繋がります。

また、おならを我慢し続けると、腸の中に常にガスが溜まった状態になってしまいますので、腸の機能が低下してしまうことに繋がります。便秘や更に悪玉菌が増殖することで、最悪の場合がんに繋がることにもなりかねません。

おならに関しては、人が人と接しながら生活する以上、我慢する場面も多々あるのは仕方のないことだと思います。しかし、おならを我慢することは本当は良くないことなのです。

少々の我慢の中でも、やはりトイレなどでおならを出してあげることに努めることも必要です。おならは、人間の悩みとして永遠のテーマなのかもしれませんが、上手につきあっていくしかないものだと割り切るしかないのでしょう。

腸内環境の善玉菌を優勢にすると痩せ体質になる!

腸内環境のイラスト

腸内には、善玉菌と悪玉菌の他に日和見菌と呼ばれている菌が存在しています。菌の割合は、善玉菌2:日和見菌7:悪玉菌1となっています。日和見菌は、名前の通り、その時の腸内環境の状況に応じて善玉菌が優勢だったら善玉菌寄りになり、悪玉菌優勢だったら悪玉菌よりに活動します。

善玉菌が優勢の時、バクテロイデスという日和見菌が増えます。この菌は、脂肪の吸収を抑えたり、脂肪を燃焼する腸内細菌です。バクテロイデスは、腸内で分解された食べ物を食べた時に、短鎖脂肪酸という物質を出しています。この物質が余分な脂肪の蓄積を防いだり、筋肉に脂肪を取り込んで代謝をアップしてくれます。

腸内環境は、乳酸菌・食物繊維・発酵食品を食べると善玉菌が優勢な状態となります。乳酸菌は、体内に48時間~1週間くらいしかとどまることができませんので、毎日食べることが大切です。

ヨーグルトなどは、生きたままで腸まで届くことは難しいと言われていますが、菌が死滅しても善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす役割をします。生きたまま腸に乳酸菌を届けるには、サプリメントが効果的です。

このように健康に密接に関わっているのが腸内細菌。いま話題の生活習慣病を引き起こす中性脂肪やコレステロールとの関係も囁かれています。

食物繊維は、水溶性1:不溶性2の割合でバランスよく食事に取り入れることがポイントです。例えば、不溶性の玄米だけで炊いたご飯を食べ続けると、便秘が悪化しますので、水溶性の押し麦を混ぜて玄米を炊いた方が効果的に食物繊維を摂取できます。

■悪玉菌が増えると太りやすくなります!

善玉菌は、悪玉菌が増えるのを抑えたり、排便をスムーズにするために必要なビタミンBを合成する働きもします。しかし、糖質の多い食事を続けると、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く使うことになり、便秘になってしまいます。

そうなると、腸内では悪玉菌が増えて日和見菌も悪玉菌寄りになります。また、ビタミンB1が不足すると、体が疲れやすくなったり、イライラするなどメンタルにも影響を及ぼします。

悪玉菌が増えると、ファーミーキューテスという日和見菌が増えます。この腸内細菌は、食べた栄養を体内に多く取り込んで、太りやすくなると言われています。

悪玉菌が増えると、アンモニアなどの有害物質が増えて、免疫力が低下して風邪を引きやすくなったり、ガンなど生活習慣病の原因にもなります。高脂質・高たんぱくな食事が続いたり、インスタント食品や食物繊維の少ない食事は、悪玉菌を増やしてしまいます。

便秘の原因と対策について!ストレスも実は引き金になったりする

ナースのかわいい人

便秘の原因は、ほぼ全てが腸に起因するものです。
なんらかの原因で腸の働きが阻害され、便が出なくなるから便秘になるのです。

もっと詳しく説明すると、便秘には腸の働きが悪いがゆえに便が腸から出ることが出来ず、出口で詰まってしまうパターンと、
腸の働き、流れがうまくいかず、便がうまく運ばれないパターンの2つがあります。

後者の便秘をわずらう人もいますが、前者の便秘が一般的な便秘です。前者の腸の働きが悪いがゆえに起こる便秘は
運動不足や食物繊維不足、筋力の低下などが原因で起こるので、それに対する対策も立てやすいです。

それに対して後者の便が上手く運ばれないパターンの便秘はストレスなどが原因の場合が多いです。

その他にも色々なパターンの便秘がありますが、特に多いのがこの2つです。

では次に、このような便秘になったらどうすればいいのか、その対策をご紹介します。

先に説明したように便秘には主に2つのパターンがあります。

そのうち便が出口で詰まるパターンは対策が容易です。基本的には、食物繊維をきちんととって、きっちりと全身を動かす運動をすれば、そのうち解消する事が多いです。
便秘薬をのむという手もありますが、基本的には薬に頼らずに、運動や食事で体や腸をつくることで便秘を解消したほうがよいでしょう。

こちらの方が、まだ解消しやすい便秘です。

これとは別に、便が上手く運ばれずに便秘になるパターンは少しやっかいです。
この便秘は腸の下に便が詰まって出ないというわけではないので、食物繊維をとったりして便を出そうとしてもあまり効果がありません。

主にストレスにより体調に悪い変化が起こることでこの便秘になるので、この便秘を解決しようと思ったら、そのストレスの原因を解決するしかありません。

それが難しい場合、次善の策としてめいっぱい運動をするという手もあります。ジョギングでもソフトボールでもテニスでも何でもいいので、とにかく体を一生懸命動かすのです。

そうすることで、ストレスを一時的に忘れる事が出来るので、結果腸によい影響を与えます。これは便秘の根本的な原因を除いているわけではないので、
あくまで一時的な効果しかありませんが、それでも気を紛らわせることで便秘解消の効果があります。

なので便秘になったら原因はどうあれとりあえず運動、そう覚えておけばよいでしょう。

選び抜いた乳酸菌を含む花粉症になりにくくなる乳酸菌サプリ

かわいい女の子

乳酸菌サプリは気軽に大腸の働きを高めることができ、善玉菌の働きを活発的にできる効果をもたらします。粒状タイプやカプセルタイプで飲みやすく、便秘改善効果もあるから臭いおならも出にくくなります。肌荒れを解消し、美容にも効果的なのです。

そんな乳酸菌サプリで年配の方にも人気なのがカルピスのアレルケアなのです。このサプリにはL-92乳酸菌というカルピスが長年のノウハウと研究を積み重ねては選び抜いた乳酸菌を配合しているのが特徴的です。

このL-92乳酸菌は腸のコンディションを整える効果に優れており、27品目の物質を含まないアレルゲンフリーでデリケートな体質の人も安心して飲めます。

1袋に60粒入っていて、1日にたった2粒だけ飲めばいいというのも体にストレスを与えずに飲めるところです。

この乳酸菌サプリメントは鼻水やクシャミなどの不快な症状を引き起こす花粉症や困ったアトピー性皮膚炎などの症状を飲むだけで改善する効果ももたらします。

体の中から花粉症になりにくい体質にすることができるのがL-92乳酸菌のメリットでもあり、1年を通していつでも起こりやすいアレルギー性鼻炎の改善にも効果抜群のサプリなのです。

■超高密度でヒト腸管由来だから効く乳酸菌サプリ

大腸に効いて便秘をスッキリと解消できる乳酸菌サプリにはメディキュアの乳酸菌x水素カプセルDXが人気です。このサプリは話題の水素を含みますから、美容にも効果を発揮するのです。この水素は複合型水素イオン製法といい、健康的な体力づくりに役立つコエンザイムQ10の863倍もの水素パワーを持つ特徴があります。

効果を発揮する発生時間は336時間で、その発生量はマックスどきには1027PPBにもなるのです。また、含まれる乳酸菌の量は7兆5千億個と格段に多く、よりしっかりと効果を体に与えるように特殊な技術によってナノ化処理を施しています。

乳酸菌の密度はgあたり5兆と超高密度となり、刺激の少ないヒト腸管由来の乳酸菌だからストレスなく飲むことができます。これが悪玉活性酵素が溜まってしまうことを防ぎ、体に悪い影響を与える毒素を解消します。肌荒れなどの原因ともなる老廃物が溜まらないようにすることもできます。

腸のコンディションを整えるには悪玉菌と善玉菌のそれぞれのバランスが整うことが大切です。そのバランスを整えるには水素と乳酸菌のバランスのとれたこのサプリが便利なのです。

含まれる乳酸菌の数はナチュラルチーズなら50個分、ビタミンEなら431倍の乳酸菌を含むのです。それプラス高い抗酸化の力があるので、より腸を快適にできるのです。

乳酸菌とビフィズス菌って実は結構ちがうんですよね

koko

乳酸菌とは、糖類を分解して乳酸を作り出す働きをする細菌・微生物の総称です。乳酸を作り出す反応によってエレルギーを獲得しています。総称ですから、乳酸菌という一種類の微生物が存在するということではないのですね。ブドウ糖、乳糖、オリゴ糖などの糖類を分解して作り出された乳酸は、酸味があることで保存性が高まります。

この乳酸菌は自然界に広く存在し、人間の体内にも住んでいます。ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などの善玉菌がそうです。ビフィズス菌は、乳酸菌の定義の一つである「乳酸の生成量が50%以上」という要件には該当していないのですが、乳酸菌として考えられています。

乳酸菌はビフィズス菌や腸内の有用菌を増やす働きがあります。また、乳酸菌は腸の運動を活発にするので、有害な菌の増殖を抑える働きもあります。整腸作用、抗腫瘍作用、免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、高血圧抑制作用などが乳酸菌の働きと考えられています。

乳酸菌を含む食材は、発酵乳、乳酸菌飲料、チーズ、漬物、味噌、醤油、日本酒などがあります。

ビフィズス菌とは、有用菌として有名な乳酸菌の1つです。空気を嫌う嫌気性を持ちます。乳酸菌の1種類がビフィズス菌ですが、ヒトの腸内に1~10兆もすんでいるといわれています。この数は、乳酸菌の100倍~10,000倍ですから、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した有用菌です。乳酸菌は糖類を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も作り出すことから、善玉菌として機能します。

大腸菌などの悪玉菌は、腸内の食品を腐らせて発がん物質などの有害物質を発生させます。この有害物質が体内の細胞に運ばれると、病気の原因になったり、老化が進行することになります。

ところが、腸内にビフィズス菌が多くすんでいれば、悪玉菌(有害菌)の増殖を抑え、有害物質が生まれることを防ぐことができます。老廃物の排泄を促進する整腸作用もあるので、下痢や便秘の予防にもつながり、老化を防ぎ、肝臓への障害を軽減することになります。ビフィズス菌は免疫力を高め、抗がん性があることが判っています。腸内でビタミンB群やKなどを合成するという研究結果もあります。

酢酸はお酢として飲むことができますが、お酢を飲んだ場合は大腸まで届く前に吸収されてしまいます。大腸にビフィズス菌を増やせば、酢酸を生成してくれるので大腸菌を抑制する効果を期待できます。病原性大腸菌O157などの予防効果がビフィズス菌にあるといわれています。