乳酸菌とビフィズス菌って実は結構ちがうんですよね

koko

乳酸菌とは、糖類を分解して乳酸を作り出す働きをする細菌・微生物の総称です。乳酸を作り出す反応によってエレルギーを獲得しています。総称ですから、乳酸菌という一種類の微生物が存在するということではないのですね。ブドウ糖、乳糖、オリゴ糖などの糖類を分解して作り出された乳酸は、酸味があることで保存性が高まります。

この乳酸菌は自然界に広く存在し、人間の体内にも住んでいます。ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などの善玉菌がそうです。ビフィズス菌は、乳酸菌の定義の一つである「乳酸の生成量が50%以上」という要件には該当していないのですが、乳酸菌として考えられています。

乳酸菌はビフィズス菌や腸内の有用菌を増やす働きがあります。また、乳酸菌は腸の運動を活発にするので、有害な菌の増殖を抑える働きもあります。整腸作用、抗腫瘍作用、免疫賦活作用、血中コレステロール低減作用、高血圧抑制作用などが乳酸菌の働きと考えられています。

乳酸菌を含む食材は、発酵乳、乳酸菌飲料、チーズ、漬物、味噌、醤油、日本酒などがあります。

ビフィズス菌とは、有用菌として有名な乳酸菌の1つです。空気を嫌う嫌気性を持ちます。乳酸菌の1種類がビフィズス菌ですが、ヒトの腸内に1~10兆もすんでいるといわれています。この数は、乳酸菌の100倍~10,000倍ですから、ビフィズス菌はヒトの腸内に適した有用菌です。乳酸菌は糖類を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も作り出すことから、善玉菌として機能します。

大腸菌などの悪玉菌は、腸内の食品を腐らせて発がん物質などの有害物質を発生させます。この有害物質が体内の細胞に運ばれると、病気の原因になったり、老化が進行することになります。

ところが、腸内にビフィズス菌が多くすんでいれば、悪玉菌(有害菌)の増殖を抑え、有害物質が生まれることを防ぐことができます。老廃物の排泄を促進する整腸作用もあるので、下痢や便秘の予防にもつながり、老化を防ぎ、肝臓への障害を軽減することになります。ビフィズス菌は免疫力を高め、抗がん性があることが判っています。腸内でビタミンB群やKなどを合成するという研究結果もあります。

酢酸はお酢として飲むことができますが、お酢を飲んだ場合は大腸まで届く前に吸収されてしまいます。大腸にビフィズス菌を増やせば、酢酸を生成してくれるので大腸菌を抑制する効果を期待できます。病原性大腸菌O157などの予防効果がビフィズス菌にあるといわれています。

Just another WordPress site